埼玉医療問題弁護団トップページ >>> 当会の概要 >>> 埼玉医療問題弁護団とは

埼玉医療問題弁護団とは

埼玉医療問題弁護団は,医療事故被害者の救済と医療制度の改善のために,患者さんの代理人として医療過誤事件に取り組む、主に埼玉弁護士会に所属する弁護士によって結成されたグループです。

当弁護団は1984年5月19日,埼玉弁護士会所属の若手弁護士18名によって,医療事故被害の救済,事故の発生防止,医療制度の改善及び患者の権利の確立を目指して,結成されました。


当弁護団は,毎月1回の定例相談会を行い,医療過誤に関する相談会を受けたり,団員のスキルアップのため,事件報告・医療過誤判例の紹介・医療従事者との懇談会を行っています。